生きるはとても大変で険しい道

夏は体重が落ちにくいですが栄養価の低いモノばかり食べてはいけない事

冬場はあんなにカロリーの高いケーキを毎日のように食べても全然太らなかったのに、夏は冷たくて美味しいアイスを食べた位ですぐ太ってしまうのか?何て理不尽なんだ!と、日々納得のいかない生活をしている方も多いかも知れません。

それはその実。冬場は気温が低く体温との差がかなり開いている事もあって、常時体温を維持するため生命を維持するためにセッセと、食べたものを燃焼したりまた身体に蓄積されていた脂肪などを燃焼してくれるので、特に何をするでもなく日々生活しているだけでも痩せて行く人も少なくないのです。

しかし、夏は違います。頼んでも居ないのに日中の気温は体温とほぼ同じ位まで上昇する事もしばしばなので、人体が体温の維持をする為に何かをあえて燃焼する必要も無くなるので、その分余剰カロリーが蓄積して内臓脂肪を構築して行ったり、肉襦袢(にくじゅばん)が更に分厚く成長して行ってしまう事が多々あるのです。

なので、必然的に日々の食事の内容が質素かつ低カロリーなモノにすり替わって行ったりするんですが、そんなモノを毎日食べ続けていたら、確かに痩せると言うか体重は増えなくて済みそうですが、別の所に支障が出て来る事請け合いだと言う事を念頭に入れて食事をする様にして欲しいですね。

夏場の暑い気温の中で生活していると時々起りやすい熱中症などの症状ですが、普段から熱中症対策と称して水分ばっかり取っていたりする人の方が、実は熱中症の症状になった時に体力が無くて症状が悪化する可能性があるそうです。

暑さに耐えられないと言うより、暑さで弱った身体の回復速度が遅いなどの弊害が現れるので、食事はキチんと食べて欲しいのです。でも、食べると太りそうだしなぁとか言って、食べるべきものを食べずに過ごしてそれでダイエットに成功したとしても、健康的に痩せられた訳では無いのです。

では、暑い夏に体力も落とさずに健康的でかつ低カロリーな食事で痩せるには一体どうすればいいのかと言うと、せっかくこの時期は夏野菜が豊富に手に入りやすいので、野菜をたくさん摂れるメニュー中心でご飯を作って行く様にするのがお勧めです。

また、たんぱく質をやカルシウムを多めに摂る事で、脂肪の燃焼を促進させられるようになるので、魚介類それも骨ごと食べられる!様に調理された魚料理などを中心に食べて行くのも良さそうです。

夏場の食事で気を付けなければならない事は、蓄積しやすい脂質や糖質の多いモノをあまり多く食べない様にする事で、太りにくい身体を作って行く事が出来るので、是非そんな感じの食生活で夏を乗り切って行ってみてください。