生きるはとても大変で険しい道

才能にあふれている人は、どんなツールを使っても結局は上手い

私の友人で絵が凄い上手い人がいるんですが、どんなツールを使っても凄い上手いのでこれは、才能の問題なんだろうーと思っています。

時々私のようにヘタレな絵描きが言う事なんですが、今使っている画材や絵描きソフトの性能が悪いから絵が上手く描けないんだーとか言っている人。

認めて下さい・・・・多分私も含めてあなたも、基本的に絵の才能が少ないんだと認めるしかないのです。

才能がある人はですね、どんな画材で描いても凄い絵を描いてくるんです。

一体なんであの画材で、こんなに凄い絵が描けるのか知りたい!ってくらいの絵を仕上げてくるので、同じ画材を使っていたとしてもその差が生まれる背景はもはや才能しかないのです。

でも、才能がないからもう無理だろう?と諦めるのは早計です。

人は練習すれば天才な人には追いつけなくとも、練習した分だけの力が付くように出来ているので、頑張れば今よりもっと納得のいく絵が描けるようになれるのです。

それは、絵だけではなくスポーツだったり勉強だったりと、色んな分野で共通して言える事なのです。

ということで、もう才能がないから絵を描くのを止めた!とか言わないで、トコトン描いていってほしいですね。

そうやって、一度や二度投げても結局絵を描く事が好きだという事実があるので、私もまだまだ頑張って、更なる絵の向上をして行きたいと思っています。